低収入 節約 貯蓄

最強アイテム「家計簿」!一人暮らしの節約・貯金はこれ一本!

投稿日:

貯金は一人暮らしこそ簡単!

一人暮らしでお金を貯めるのは大変だと思っていませんか?

誰からもお金の使い方を注意されることがないので、ついつい散財しちゃいますよね

まあ、私も散財王だったので、その気持ちはわかります!

確かに家賃や高熱費だけでなく食費や交際費など、一人暮らしの出費は意外と多ものです

しかし、よく考えてみて下さい

あなたが結婚して子供ができたら、もっと貯蓄をするのは難しいのです!

出産の前後は、基本的には旦那さんの収入だけで生活することになり、逆に貯蓄を削らなければなりません

今は共働きの世帯が多いですが、それでも家庭を持ってから、貯蓄をするのはとても大変です!

その状況に比べたら、一人暮らしの方が、多少の無理もききますし、貯金を貯めやすい環境だとわかってもらえると思います

絶対に必需品は「家計簿」

お金を貯めるためには、収入や支出の状況を家計簿につけることをお勧めします

これ最強の貯金・節約アイテムです!

誰もが聞いたことはあると思いますが、しかし、なぜ家計簿が貯金を貯めることになぜ役立つのでしょうか?

今回は当時私も実践していた、一人暮らしをしていても、絶対に貯金ができる家計簿術をご紹介します♪

何よりも「家計簿を毎日書く」ことに意義あり

家計簿をとりあえずつける!

だまされたと思って、家計簿アプリでも何でもいいので、自分が何にいくらお金を使ったかを、必ず3か月つけること

これだけで貯金と節約ができるようになります

「毎日の収支を必ず家計簿につけること」それが、最も大事なことです

100円ジュースでもコンビニで買ったお菓子でも、使ったお金は全て家計簿に書くのです

1円も間違えずにとは言いませんが、私は10円単位で書いていています

とりあえず家計簿を書き続けることで、漠然としていた、あなたのお金への価値が見えてきます

そして、無駄なお金をいかに無意識に、でも毎日しっかりと散財しているかも見えてきます

とりあえず3か月毎日家計簿をつけて、今まで意識しなかった小さなお金の出費までも把握してみましょう

これが一人暮らしの貯蓄の第一歩目です

家計簿は面倒?いや、それがいい!

でも、家計簿をつけるって結構面倒くさいですよね?

特に習慣化できてないと、面倒に感じます

でも、それも良いところなんです

家計簿をつけるクセをつけておけば、たくさんの買い物をして家計簿をつけるのが嫌になります

家計簿が面倒なことはもちろん、出費が多いのも嫌に思えるようになるのです

支出を減らす意識づけができる家計簿は、自分を貯金しやすい体質に改善してくれます

今まで無意識にポンポンと買い物かごに入れてた物たち

たとえば私の場合なら、缶コーヒーやポテトチップス、不要な野菜や惣菜など

家計簿をつけだしたら「あれ?本当にこれって必要?」と冷静な目でお金の使い方のレベルが上がります

これが家計簿をつける最大のメリットの一つでしょう

でも中々一人暮らしで、徹底して家計簿を書き続けられる人はいません

あなたが、徹底して家計簿を書き続けるとしたら、他の人に比べて貯金する金額が増えることは間違いないでしょう

家計簿をつけることで支出が減る理由

毎日家計簿をつけることで、貯金への意識が高まります

これは間違いありません

お金を使うときに、ちゃんとお金のことを意識するようになるからです

お金が増えれば喜び、支出が多いときは少し嫌な気持ちになるでしょう

これは、家計簿をつけない人にはわからないこともあります

普段どれくらいお金を使ったか、気にしない人がほとんどです

頭ではわかっているつもりでも、実際に合計で月いくら使ったか答えられる人はまずいません

家計簿をつけている人は支出に厳しくなるため、本当に必要なもの以外は買うよりも貯金するようにします

家計簿をつけることの一番の意義は、貯金への意識づけです

日々の収支を書いていくことで、無駄遣いをしないようになるのです。

お金のありがたさがわかる

収入が入る日は、月に1度の給料日だけという人がほとんどでしょう

給料日に自分へのご褒美として買い物したり、焼肉に行ったりする人は本当に多いですね

それ自体は悪いとは思いませんが、ついつい「仕事頑張ったんだから!」と必要以上に使い過ぎちゃう人もいます

しかし家計簿を書くことで、たった1回だけの給料日のありがたさを知ることができます

給料日に、自分へのご褒美に遊んでしまう人も多い中で、家計簿をつけていればその給料の大切さがよ~~くわかります

結局お金が入ったからといって浮かれていても、あとから痛い目を見るのです

お金の大切さを知り、お金が必要な時期を知ることができるのも家計簿をつけるメリットなのです

臨時収入も家計簿に書くこと

あなたが一人暮らしをしているなら、もしかしたら両親から仕送りやお小遣いなどの臨時収入をもらえることがあるかもしれません

そんな時、「お小遣いくらいは、パーッと好きなものに使おう!」と思ってしまいがちです

臨時収入はパッと使ってしまいがちなお金なんですよね~

棚からぼたもち的なラッキーなお金なので、ついつい財布のひもが緩むのもわかります

しかし、そういった臨時収入も家計簿にしっかりとつけることで、お金が増えた喜びを感じることができます

そして、家計簿に臨時収入と記入したことで、満足感を得られるように意識をもってこれれば、無駄に使わずにすみます

月に1度の給料日以外に収入があるなんて、家計簿をつける人にとって、これ以上の喜びはありません

家計簿をつけることで、せっかく入った臨時収入は貯金に回すように意識づけができます

ですから、お小遣いも無駄遣いをせずに貯金に回せるようになるのです

大事な人のために家計簿を書く

家計簿をつけて余裕が生まれると、大事な人を喜ばせることができます

逆にお金に余裕がなければ、考え方が自分中心になってしまいます

家計簿をつけて貯金が貯まってきたら、お金を大事な場面で大事な人に使うことができるのです

お金が貯まっていない人は、大事なプレゼントを買うお金を貯めるために家計簿をつけることもできます

必要なお金から逆算して、節約した生活をすればお金を貯めることができます

父の日や母の日、誕生日やクリスマスなど、大事な人を喜ばせるためにも貯金することは大事なことなのです

お金だけではなく、人の為に使う家計簿も素敵だと思いませんか?

【目標設定】お金を貯めて何をしたいのか?

貯金しようと考えたら、「何のためにお金をためるのか」自分の目標を設定しましょう

目標を決めれば、自分がお金を貯めるための強い動機付けができます

家計簿でいつも目にするところに、何が目標なのかを明確に書いておくことで、お金を貯めるモチベーションアップにつながります

家計簿の表紙に目標を書いておけば、貯金する意思が薄れたときに、何のためにお金を貯めているのかを思い出させてくれます

恋人との将来のため、自分が将来独立するため、お金を貯めて投資するため、車や家を買うためなど具体的な動機を書いて下さい

言葉は時に強い力を発揮します。頭でわかっているつもりでも、意識はしなければどんどん薄れていってしまいます

目標を設定して家計簿に書いておくことで、貯金への意識が高まります

まとめ

なぜ家計簿が最強の節約・貯金アイテムかわかっていただけたでしょうか?

まずはフリーの家計簿アプリをダウンロードして、さっそく使ってみましょう

私は習慣化して長いので、買い物やガソリンを入れたりすると、もう無意識でピピっと入力しています

5秒で終わるので手間でもありませんし、でも節約・貯金の意識はめちゃめちゃ上がるので、絶対におすすめの方法ですよ♪

3つの賢いお金の使い方と貯金法で資産作り

人気のアンケートサイトで毎月2万稼ぐやり方とコツ

-低収入, 節約, 貯蓄
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

3つの貯金法で今日からお金を賢く貯める

  この記事の目次1 貯金があると良いことだらけ1.1 その出費は本当に必要?1.1.1 収入が少なくても貯金している人もいる1.2 お金を貯めるには何から始めるの?1.3 貯金は習慣化するしかない2 …

低年収リッチ!賢く節約して貯金する方法

この記事の目次1 低収入リッチになる方法1.1 お金を使わない生活で節約1.2 低収入の中でお金を何に使う?2 趣味のお金は収入に合わせる2.0.1 お金がかかりやすい趣味とは?2.0.1.1 人とか …

お金を貯めるにはケータイ代を賢く節約

この記事の目次1 格安スマホで節約1.1 節約にぴったりの格安スマホ1.2 やり方がわからいまま放置?1.3 こんなに節約できる1.4 格安スマホの基本プラン 格安スマホで節約 なるべく節約をして、お …

子供ができる前から準備!低収入でも3人家族が賢く節約して稼ぐ方法

この記事の目次1 3人家族になって変わる家計状況?1.1 【子供が生まれる前】計画的な貯蓄をする1.2 【出産~保育園まで】節約しながら子供と楽しく過ごす1.3 嫁は家事に育児に大変・・・旦那にできる …

楽天カードで年間10万円は賢く節約できちゃう貯蓄法!

この記事の目次1 楽天カードで賢く貯蓄1.1 ■楽天カードこんなにお得!1.1.1 楽天カードの何がすごい?1.2 ■さらにポイントを貯める1.2.1 1・年会費がずっと無料1.2.2 2・楽天市場で …